納豆の賞味期限を1日や2日が過ぎたらダメ?、なぜ?1週間だと、どう?

納豆の賞味期限 物知り

納豆と言えば、
日本を代表する発酵食品の王様!

いったい、誰が食べ始めたのか!
最初に食べた人は非常に勇気がある!
と思いますよね?

匂いが強烈で特徴的なので、
嫌われることもある納豆ですが、

実態は、栄養素たっぷりで
最強の健康食品として君臨してます。

そんな納豆が
賞味期限を
1日あるいは2日過ぎてたら、
どうします?
じゃあ、1週間過ぎてたら?

なんてことをまとめておきます。

 

 

納豆の賞味期限が1日過ぎた!

納豆の賞味期限

 

納豆の場合、
賞味期限を1日くらい過ぎた!
としても、

あせる人は少ないのではないでしょうか。

もともと、納豆は腐ってる?!
いや、
発酵しているわけですから(笑)

1日や2日、
賞味期限を過ぎてても、
問題なし!なんて思ってますよね。

でも、
賞味期限が設定されているということは
期限を過ぎたら何かが変化するはずです。

一般的に、
納豆の賞味期限は、
「冷蔵庫保管で1週間程度」

に設定されているはずです。

ということは、
1週間を過ぎてくると、
味が悪くなってしまいます。
と、
メーカー(企業)が言ってるわけです。

なので、
1週間を過ぎると、
腐ってなくても、味には注意です!

特に、
賞味期限を10日以上過ぎると、
味の変化が、はっきりわかる!

と言われていますので、
口に入れた瞬間、
「あれ?」と思ったら、

食べないようにしましょう。

 

納豆の賞味期限が2日過ぎた!

 

ですから、
納豆の賞味期限を2日過ぎてしまっても、
まあ、問題のない範囲と言える

かもしれません。

でも、
注意しなくてはいけないのは、
賞味期限は
「冷蔵庫保管で1週間程度」
と設定されているということです。

つまり、
常温保存ではなく、
冷蔵庫で冷やすのが基本なのです。

一般的な冷蔵庫の温度は

冷蔵室:約2℃~6℃
真空チルド室:約-1℃~+1℃
製氷室:約-20℃~-18℃
冷凍室:約-20℃~-18℃
野菜室:約3℃~7℃

という感じなので、
生野菜やお肉などと同じ扱いを
しなくてはならないわけです。

というのも、
納豆菌は気温が10℃以上になると、
非常に活性化され、

あっという間に?
というか、
かなりのスピードで、
品質、味が落ちることになるので、

常温保存すると、

賞味期限の1週間の範囲内でも
食べられなくなくなる!
ということもあるのです。

なので、常温保存はやめましょうね。

 

納豆の賞味期限が1週間過ぎた!

 

では、
賞味期限を1週間過ぎた場合は
どうすればいいのでしょうか?

まあ、
冷蔵保存していれば、
1週間程度、賞味期限を過ぎてても、

まあ、極端に、
味が劣化しているわけではない?
と思われます。

一説によると、
賞味期限を1ヶ月過ぎてても、
味の質が落ちることを気にしない!
のであれば、
食べることは可能だそうです。

まあ、オススメはしませんが。。。。。

ただし、
冷蔵保存ではなく、
冷凍して保存すると、

なんと!
3ヶ月から半年くらいは
保存が可能である!

と、
全国納豆協同組合も
コメントされているので、

しばらく、食べないのなら、
冷蔵庫ではなく、
冷凍室に入れて保存しましょう。

我が家も、
納豆は常に冷凍保存しています。

食べる数時間前に
(夏場で5~6時間、冬で8時間ほど)
自然解凍するか、
食べる前日から冷蔵庫で解凍するか
という方法で解凍して食べてます。

ただし、
常温、つまり、10度以上で
放置してしまうと、
発酵し始めてしまうので、
くれぐれもご注意ください。

 

納豆の賞味期限切れのまとめ

 

納豆は
日本を代表する発酵食品であり、
カラダに良い健康食品。

そうなんです!
納豆には、

  •  タンパク質
  •  脂質
  •  炭水化物
  •  ビタミン
  •  ミネラル
  •  植物繊維
  •  レシチン
  •  イソフラボン
  •  ナットゥキナーゼ
  •  大豆サポニン
  •  大豆ペプチド

というように、
こんなにたくさんの栄養素が
含まれているスグレモノ!

なので、
毎日、食べる人が多いのも
納得ですね。

毎日(毎朝)、食べるなら、
冷蔵庫で保存しておけば、
何の心配もする必要がないですが、

たまに食べる程度なら、
買ってきたら、
冷凍庫に入れるようにしましょう。

冷凍保存するなら、
少々、食べ忘れてしまっても、
しばらくは美味しく食べることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました