ホットヨガの基礎知識。通うにはどうすればいい?

都心や大阪でも最近話題のホットヨガ!
メディアでも取り上げられていたり、注目度が高い健康法なのです♪

大阪でも続々とスタジオがオープンしており目にすることが多くなってきています!
中でもホットヨガの体験スクール(体験コース)は人気が高く、手軽に安いお値段で体験できるということから話題になっています♪

そんなホットヨガに興味があるんだけど…
そもそもホットヨガってどんな事をするの!?

とまだまだ知識不足な人はたくさんいるでしょう!
体験レッスンや体験コースに行ってみる前に、まずはホットヨガについて少し勉強してみましょう。

ホットヨガとは?

そもそもホットヨガってなに?
ヨガとホットヨガの違いはなに?

頭に??を浮かべている人も多いんではないでしょうか?

精神を集中・心身を整えるものとして古くから伝わっているヨガ。
たくさんのストレッチや呼吸法などで体をリラックスさせるヨガですが、今話題になっているのは「ホットヨガ」。

この「ホットヨガ」は体にとって最も柔軟されやすい室温・湿度で行うヨガのことを言います。
ヨガは通常の室内で行いますが、室温39度前後・湿度60%前後に保たれた室内で行われるホットヨガは、より代謝機能が高まるとされています。

つまり、体にとって効率的な温度・湿度で行うことでヨガの効果を最大限に引き出してあげよう!
と考えられたのが「ホットヨガ」なのですね♪

効率がいいだけではなく、筋肉を無理なく伸ばすことが出来る為、ヨガ中に筋肉を傷める可能性が少ないともされています。

高温多湿の環境で行うホットヨガは、体の柔軟性も向上し、怪我も少ないことからも初心者の方や、体が固い人でも安心して始める事が出来るようです♪

普段味わうことのないような環境下で行うホットヨガは、体のありとあらゆる不安を取り除くことが出来る注目のヨガです!

ホットヨガで得られる効果

ホットヨガでは精神統一やリラックス効果のほかにも非常にたくさんの健康効果が期待できるといわれています。
高温多湿な環境下で行われるため、新陳代謝の向上・筋力アップや効果的な脂肪燃焼を感じることが出来ます。

その結果、
「ダイエット効果・美肌効果・柔軟効果・体質改善・ストレス解消」など、嬉しい効果をたくさん感じることが出来るのです。

これらの嬉しい効果から人気・注目が高い健康法として注目されているのですね♪

美容効果が高く、ダイエット効果も期待できるホットヨガは女性を中心に大人気なのですね。
運動音痴や初心者、体が硬い方でも安心して試すことが出来る。

そして手軽な体験レッスンが用意されていることからも人気になっているのが分かりますね♪

ホットヨガに通うにはどうすれば良い?

最近人気だし!運動不足だし太ってきたしな…
健康も考えて…
そんなにたくさんの嬉しい効果があるんだったら通ってみたいな…

よし!!ホットヨガでもはじめよう!!
ここなら家から近いし、歩いて行けるし〜ここに決めた!!

プルルルル…プルルルル…
あの〜ホットヨガ始めたいんですけど、手続きお願いします…

ちょっと待ったー!!!!
今こんなことを考えていた人は少し待ってください。
ホットヨガを始める前の注意点

まずは必ず体験レッスンを試してみましょう!
何処のホットヨガスタジオにも体験レッスン(体験コース)と言うものはあるはずです。

大抵の場合は1000円前後でホットヨガを体験することが出来、一連の流れや店舗の雰囲気を把握することが出来ます。
嬉しい特典や割引などもたくさんありますし、何よりインストラクターの良し悪しも把握できるので大切です。

そしてホットヨガを始める上で最も重要視するポイントがあります!
それは…

「室温39度前後・湿度60%前後に保たれた室内」です!!!

ホットヨガは上記の温度・湿度に保たれた室内で行われます。
もちろんこれがホットヨガの良い所なのですが、高温多湿がゆえに体に合わない人も多いのです。

ストレッチや呼吸法などは簡単なものなのですが、空間が息苦しく、かなり辛い…
と感じる人も多いのです。

特にサウナが苦手な人、長風呂が出来ない人などは苦手かも…
岩盤浴とかにも近いですかね。

これらが苦手な人は特に体験レッスンを利用することをオススメします!
誰でも始めてのホットヨガは環境上しんどく感じます。

次第に慣れてはきますが、体質的に向かない人も必ずいますので注意しましょうね♪

ホットヨガに体験レッスンが付き物なのは、このようなことが関係しているかもしれませんね。

雰囲気や場所、インストラクターの良し悪しを判断することも重要ですが、ホットヨガ自体が自分に向いているのかをしっかりと体験レッスンで判断しましょう♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>